2018/06/08

六甲の旅

六甲周辺に取材旅行、観音山、ゴロゴロ岳、金鳥山中腹まで登る。近場だけど、探していた岩も見つかり、とても刺激的で有意義な旅だった。予想していたよりもわかりにくくて険しい山道で、観音山山頂付近で道に迷い、焦って左足をグニャってしまった。でもそんなときに山腹で野生のツツジの花に出会い、心の底から気持ちが安らいだ。

不思議なもので、岩にも歓迎してくれているものと、そうでないものがある。探していた岩は導かれるように辿り着いたけど、ある岩は怖かったので近づかなかった。岩そのものに感情があるとは思わないのだけど、なにかが空間を支配していて、見るものに言葉にならないものを感じさせる。
それに比べて花は純粋で優しい。山には山の主がいて、個性がある。花を(心に残るようなタイミングで)見せてくれる山は、見かけは怖くても、根が優しい。

足をグニャってしまったため、金鳥山から六甲山山頂の計画は中止、ただ気になっていた保久良神社(カタカムナ神社)までは行った。金鳥山中腹のこの神社は、地元の人に愛されている、とてもいい神社。周辺の森は、なぜか木がグニャグニャしていて、螺旋階段を降りていくような、宇宙のエネルギーを感じた。幹がこんなに曲がっているクスノキをはじめて見た。ここの森は、来たことを歓迎してくれているように思えて、なんだかわからないけど、嬉しかった。‪金鳥山にはなにか独特の、強いエネルギーがあり、それを地元の人たちもよくわかっていて、愛されているのが伝わってきた。


 

樹木たち

いろんな樹木を描いていると、歓迎してくれる木とそうでない木があるのがわかってくる。そうでない木は、こちらがいくら情熱を注いでも、うまく描けない。描く前にわかることもあるけど、無意識にしか感じ取ることができないメッセージは、基本的には描いて(身体を通して)みないとわからない。

近所の鎮守の森には、楠の大樹が三本生えている。その三本の中で、いつも歓迎してくれるのは、真ん中の大樹(龍樹)。別のを描いていたときは、途中で雨が降りだした。樹木が歓迎してくれるときは、心に残るようなタイミングで光が射し込んできたり、帰宅まで雨を止めてくれたりする。冗談のように聞こえるだろうけど、ほんとの話だ。

自然には触れてはいけない領域というものがあって、そういう場所には守っている存在がいるので、耳をすませていると、近づき過ぎないようにと、ちゃんと囁いてくれる。

何度も描いてしまう樹木たちは、いつでもおいでと歓迎してくれる。描かれると嬉しいらしく、その喜びこそが魂の共鳴、描く喜びそのものなのだ。

 

ままならないこと

大きな絵を描きたくなって、自作でパネルを作って、部屋も少し改装して、何週間もかけて描いていたけれど、途中で失敗していることに気がついて、今日、バラして破棄した。もっと早く気づけばいいのにと思うんだけど、やって(描いて)みないとわからないからしかたない。たぶん他の人が見たら、なにがよくて、なにが失敗なのかわからないだろうと思う。でも本人は一番よくわかってる。努力したからって、報われるような世界じゃないことを。

どんな仕事でもそうだと思うけど、自分に嘘をついたまま作業を進めていると、世界が歪んでくる。チャレンジは必要だけど、歪んだままで山頂を目指していると、魂が遭難してしまう。周りの人は褒めてくれても、本人だけはわかってる。数えきれない失敗や、意味の見えない徒労だけが、魂を救済する。

夕暮れ、気分を入れ変えて、真っ白な気持ちで、久しぶりに明王寺の桜を見に行ったら、おみくじの言葉が景色にシンクロしていて、時間がふっと消えたような、なんとも言えない気持ちになった。自然がいつも優しいのは、変わらないから。ただただそこにある永遠(もののあはれ)を、感じさせてくれるから。

桜花 盛りはすぎて
ふりそそぐ 雨にちりゆく
夕暮れの庭

最近、展覧会の構想がふいに浮かんで、自分でも意外だけど、突き動かされるものがあった。でもまだボンヤリしていたので、いろんな人に意見を聞いてみた。すると自分の内側におもしろい反応があって、相談すればするほど、他の人の意見なんて聞くな、自分のこだわりを貫けと思うようになった。人の意見は、内なる声を反響する。

ほとんど自分でもよくわからないうちに、なにかに突き動かされるとき、背中を押しているのが、自己中心的なものなのか、それとも自分を超えたものなのか、時間をかけて注視する必要がある。クライアントが精霊(it)なら、失敗や徒労や恥や無意味のあとに、とても爽やかな風が吹き抜ける。
成功なんて、たいしたことじゃないと思う。それよりも、大切なことがたくさんある。拍手は聞こえないかもしれないけど、燦々と太陽は輝いている。ままならないことをぎゅっと抱きしめていると、小さな奇跡で日々は満たされる。


 

山犬嶽

山犬嶽に。金毘羅宮の新築を手伝わせていただきました。
 
登山してすぐに新しい社(やしろ)を運ぶ人たちに遭遇、古いのと入れ替えるらしい。「どれくらいぶりですか?」と聞くと「覚えてないから60〜100年ぶりかな」と言う。こんなタイミングはないので、苔の森に行ってから、手伝わせてもらった。
 
山犬嶽には、先週行こうと計画していた。でもなんとなく気分が乗らなくて、理由もなく延期していた。今朝、バチっと目が覚めて、早朝から向かった。山犬が呼んだのだろう。誰も知らない百年に一度の神事を、森の中で見せてくれた。
 
なんとなくの中には、現世では(まだ)採用されていない力学が働いている。ぼんやりしていて、掴みどころがない。でも無意識は知っていて、ここぞというときが来ると、背中を押してくれる。山犬は時空を超えて、無意識の森に潜んでいる。
 



 

ほんとうに大切なもの

気になって録画してもらっていた屋久島のNHKドキュメンタリー番組を見た。未知の森や屋久杉の映像は、たしかに素晴らしいんだけど、なんかちょっと、うーんと思ってしまった。屋久島で自分の目で見て体験したことと、映像にズレがあった。
 
ドローンの映像って、目に新しいから、確かにすごいんだけど、あっというまに古くさくなる感じがするし、下から見上げて感じてる人間の目とは印象が違うし、屋久島の心を感じないというのか、人間と森の関係が、表面的でリアリティを感じなかった。
 
島には二度取材旅行に行ったけど、縄文杉に行ったのは最初の一度きりだった。すこし疲れているような、独りになりたがっているような気だるさを感じたので、避けていた。結局、登山道から逸れた、名もない場所ばかりを描いて、場所も伏せていたけど、鋭い人には、すぐに屋久島と気づかれた。
 
宮之浦を縦走したときは、ほんとうにヤバいものを感じて、写真も撮れなかった。ここに長く居すぎると、もう二度と現世に戻れなくなるような、大きな風に、魂をさらわれてしまいそうなあの気持ち、いまでもよく覚えている。
 
それは木の高さが何メートルあるからとか、樹齢何年だからとか、そんなふうに測れるようなことではなくて、島の核に触れてしまったようなような、山の神気を帯びてしまって、実際にそれからは、不思議なことが起きたり、神秘的な体験をした。ちょっと気がふれたような感じになってしまって、その日は眠れなくて、夜が明けるまで島を歩いた。連泊していた宿の、ヤクザのような風貌の主人に、言われた言葉を思い出していた。
「ここで生まれて育ったから、なにがおもしろくて、みんなわざわざここに来るのか、ぜんぜんわからん」

最先端の登山装備で、コンピュータではじかれた計算を元に、誰も知らなかった大樹と、いま流行りのドローンで撮った、ダイナミックで美しい映像。それは素晴らしいかもしれないけど、密室で作られたCGを見せられているようで、自分のなかにある屋久島とは違った。それは自分の感じ方だから、共感は求めないけれど。

ある山の夏祭りには、こういう人がたくさん集まってくる。その背中を見るだけで、なにかほんとうに大切なものが、ジワっと伝わってくる。




 

デューラーのサイン

デューラーの画集を眺めていると、いつもサイン(モノグラム)が気になってしまう。画家の頭文字(AとD)を組み合わせただけなのだけど、鳥居にしか見えない。デューラーの時代に鳥居は存在すらしていなかったはず。何処からインスピレーションがやってきたのかと、不思議に思う。

そういえば自室のイーゼルに、大きめのキャンバスが後ろに倒れないように補強したら、イーゼルが鳥居のような形になっていたのに、ずいぶん後で気がついた。その前に二匹の犬を立たせると、狛犬のようにも見える。たまたまなんだけど、たまたま(霊霊)には不思議な力がある。



2017/08/04

蓮の花(3)

夕暮れ、蓮を見に行ったら、畑の前に、たまに見かけるおばあちゃんが座っていた。こんにちはと声をかけたら「何本でも持っていき」と言う。たぶんおばあちゃんは蓮畑の持ち主で、何度もこの蓮の花を見に通っていたことに、気づいていたのだと思う。欲しくてたまらなかったので、とても嬉しかった。

じゃあ一本だけ、と礼を言うと「何本でも持ってき」と言う。思いやりに甘えて、咲きかけの蓮の花を、二本いただいた。

花を選んでいるときに、大きな蛇(マムシ)がスッと足元を横切った。あれはきっと神(美)の化身だろうと思う。もしかしたら踏んでしまって、足を噛まれていたのかもしれない。それっきり、一度も見かけない。きっと二度と、姿を見せないだろう。なぜこのタイミングで、なぜ毒蛇だったのか。なんとなくだけど、僕にはわかる。

精霊は偶然を装って、この世に存在の影を落とす。その影を、絶対に踏んではいけない。

見つめることと待つこと、それが美しいものにふさわしい態度である。(ヴェイユ)
 


おばあちゃんの伝言

薪ストーブでトウモロコシを茹でていたら、屋根と煙突の隙間部分がパチパチと発火、すぐに消火して、充分に水をかけたつもりだったけど、種火が残っていたみたいで、寝ているあいだに、じわじわと燃え広がってしまった。

煙突周りに隙間は開けていて、いままでなんともなかったのに、なんで急にこんなことになったのかとか、あれだけ水をかけたのに、なんで種火が残っていたのかとか、ちょっと不思議に思っていたところに、昔この家に住んでいた、おばあちゃんの訃報が届いた。

すぐにああ、おばあちゃんが来たんだなと思った。大丈夫に見えても、この部分は危ないよと、火事が心配になって、向こうに行く前に、ここに立ち寄って、教えてくれたんだと思った。その日のうちに煙突周りの木を切って補強し、熱を持つ煙突周りは、耐火ボードを使うように段取りをした。

おばあちゃんとは、ここに住みはじめた当初は、ずいぶん仲良くさせてもらって、一緒に散歩したり、ほんとうのおばあちゃんのように思っていた。でも一年くらい前から僕の顔を見ても、誰かわからなくなって、それからほとんど外に出なくなって、会えなくなってしまった。

異なる事象を、根拠もなくこじつけていると、周りが見えなくなり、自分を見失う危険性があるのかもしれない。それでも僕は、焼け焦げて穴の開いたこの屋根裏を見ると、申し訳ない気持ちで、おばあちゃんを思い出す。あの細い腕や、苦労した若い頃の話、曲がった背中。そういう記憶が、宇宙の穴から溢れだす。

世界は不思議に満ちていて、偶然を利用して、本人にしかわからないように、語りかけてくる存在もある。タイミングや偶然を利用してしか、コンタクトすることができないような存在が、ほんとうはいまの暮らしや安全を、支えてくれているのかもしれない。人間はなにも知らない。生きていることそのものが奇跡で、世界が不思議に満ち溢れていることも、つい忘れてしまう。

心配かけてごめんな、寄ってくれてありがとう。火のもとにはじゅうぶんに注意するから、安心して成仏してください。

 

蓮の花(2)

不思議な夢を見た。感動して涙を流していた。とても大切なことを教えてもらった気がするのだけど、どうしても内容を思い出せない。三日前も同じ夢を見て泣いていた。

生命が何度も生まれ変わり、フラクタルに展開している、スパイラルで動的なイメージだけが、ぼんやり残っている。泣いてしまうってほとんどないから、夢でなにがあったんだろうと不思議に思ってた。

それから蓮の花を見に行った。陽射しの強い昼下がりだった。なんとなく蓮の下(地下世界)が気になって観察してたら、金色の鯉が出てきてびっくり。いままで数え切れないほど通ったけど、鯉がいたのには気づかなかった。花ばかりに気を取られて、本質的なことを見過ごしているような気がした。

人間は見たいものを見てしまう。つまり人間は人間というフレームからは逃れられない。でも本質的なものは、フレームの外からやってくる。今日はじめて姿を見せてくれた金色の鯉は、普段は制御されている知覚の門を、解放させた夢の化身に違いない。本質的なものは、本人にしかわからないようなタイミングを利用して、魂を揺さぶる。


 

蓮の花(1)

洗濯場に紋白蝶が、光を求めて羽ばたいていた。

外から入ってくるような隙間はないので、大根(精霊)の葉についていた青虫が、自然に羽化したのだろう。まるで生まれたばかりの妖精のような、小さくてもキラキラした風景がそこにあった。

それから用事を済ませて帰宅すると、また洗濯場に紋白蝶が。今朝は確かに一匹しかいなかったから、もう一匹青虫がいて留守中に羽化したか、成虫が隠れていたのだろう。どちらにしても不思議なタイミングで、なにか意味のあることのように思えてくる。

ここ最近は、憑かれたように蓮の花を見に行っている。雨が降るのでスケッチもできない。摘んで持って帰りたい衝動をグッとこらえて、落ちた花びらだけを拾って帰る。蝶は散る花に似ている。きっと花の精霊だろう。蓮の花の構造は、曼荼羅によく似ている。曼荼羅から飛び出して、蝶に生まれ変わった花びらは、きっとなにかを伝えようとしている、神の化身なのだろう。